こんにちは、HiToです!

今日の表現は「定番」「ありきたり」です。

東京なら東京タワー、京都なら清水寺、といったように定番ありきたりな観光スポット。
今日は、定番お決まりのありきたりといったニュアンスが全部言えちゃう実用的な表現を紹介します。

それは、、、

cliche

です!

"cliche"の発音は[クリシェー]で、もともとはフランス語だったそうです。
(なので、多くの場合、eの頭に「ちょん」がついています。)

辞書を引くと、"cliche"は「陳腐な言い回し」と出てくることが多いですが、「定番」「ありきたり」という意味でも通用します。

特に

It may be too cliche (to say this), but ...
定番かもしれないけど、~


の形で使われることが非常に多いです。

外国の人から、「日本の観光名所は?」と聞かれたら、

It may be too cliche, but you should go to Mt. Fuji / Tokyo Tower / Kiyomizu Temple.

と言うことができます。


私はオーストラリアに留学していたのですが、オーストラリアの定番の観光名所といえば、シドニーのオペラハウス。

It may be too cliche, but Opera House is a must-go place.
定番かもしれないけど、やっぱりオペラハウスは行くべきだね。


オーストラリアに来て本当によかったのは、なんといってもみんなフレンドリー。

It may be too cliche to say this, but people are very friendly in Australia.
こういうこと言うとありきたりかもしれないけど、オーストラリアの人はみんなフレンドリーだったよ。

といった感じです。

「定番」
を表す他の表現として、"standard"や"common choice"というのもありますが、
"cliche"が使えると少しカッコいいです(笑)

It may be too cliche (to say this), but...

少し長いですが、是非このまま覚えて使ってみて下さい。
それではまた!