こんにちは、HiToです。

今日の表現は「同感」です。相手が言ったことに対して、「私もそう思う」「全く同感だ」と言いたい時、英語ではどうなるのでしょうか?

基本的には、
"
I think so too."や"I agree with you."を使う方が多いと思うのですが、今回は日本人があまり使わない表現を紹介いたします。


【1】 Feels the same to me.

「同じように感じる」から「あなたに同感」という意味になります。

A: I feel like that this place gets busier every time I come here.
A: 毎回ここに来るたびに、(街が)大きくなっているように感じるよ。

B:
Feels the same to me. There are always new buildings under construction.
B:
同感だよ。いつも工事中のビルがあるよね。


【2】 You can say that again.

「もう一度同じことを言ってもいいよ」
そこから転じて「あなたの言うことに同感です」という意味になります。

A: The movie was great. The climax was almost incredible.
A: 映画最高だったね。最後は本当にすごかったね。

B:
You can say that again.
B: 本当に同感だよ。


【3】 We are on the same page.

「本の中の同じページを一緒に読んでいる」というところから「同じ考えを持っている」「同意している」という意味になります。
ですので、
"What do you think?"と聞かれて、"
We are on the same page."で「同感です」と答えることができます。

また、"
We are on the same page about ~."で「~について同じ考えを持っている」と言うことができます。

この表現で注意していただきたいのは、主語は必ず"We"を使うということです。
私は以前、"I am on the same page with you."と「私」を主語に使っていたのですが、ネイティブの人から不自然だと指摘されました。
"We"を使うことによって、「あなた」と「私」だけでなく、他の人もふくめた「みんな同じ意見だ」ということもできます。

We are on the same page about the direction of our project.
我々のプロジェクトの方向性
について、みな同感している


3つとも使えるとカッコいい表現だと思いますので、是非使ってみてください。
さて、もしまだ余裕がある人は次の表現も覚えていただけるといいと思います。

【4】 I couldn't have said it better myself.

直訳すると、「私は(あなた以上に)うまく言えないよ」
つまり、 「全くあなたの言うとおり」という意味になります。

「相手が説明したことに対して、全く意義がない」、「相手の発言や説明が的確だったとき」に使える表現です。

例えば、
A: How about calling Mike for help? He can fix this out.
A: マイクに助けを呼ぼうよ。彼ならなんとかしてくれるよ。

B:
I couldn't have said it better myself.
B: 全く同感だ。


いかがでしたでしょうか。
「これ英語でなんていうの?」リクエストがあればお待ちしています。