こんにちは、HiToです!


今日の表現は「
それほどでもない」です。

誰かに褒められたとき、「いやぁ~それほどでも」とクレヨン〇んちゃんが言いそうなセリフですが、英語ではなんというのでしょうか。


It is not what it's cracked up to be.


crackとはスラングで「ホットな話題」や「耳よりな情報」のこと。("What's the crack?"というと「何かあった?」って意味になります。)

そこから転じて、「みんなから期待されていること("what it's cracked up to be")」ではない、つまり「それほどでもない」という意味になります。

私の留学中のクラスメイトで、国連のインターンシップに行った友達がいました。
国連のインターンシップは、倍率がかなり高く、競争も激しいので、みんな「すごい!」と言っていたのですが、当の本人は

It's not what it's cracked up to be .

と言っていました。

誰かに褒められたときに、謙虚な感じでこういう風に返すことができるとカッコいいですよね


「こういう表現は英語でなんて言うの?」
質問があればどんどんコメント欄に書いてくださいね。
それではまた!