こんにちは、HiToです。

今日は大事な英語のフレーズを紹介しちゃいます。
みなさん、大なり小なり思い込みってありますよね。

「・・・って~なものだと思ってた」
「てっきり~だと思ってた」


この「~なもの」とか「てっきり」といったニュアンスを出すには、次のフレーズを使います。

I took it for granted that ・・・ would ~.

よくある思い込みは、よその国の勝手なイメージ。

たとえば、
ブラジルの人はみんなサッカーが好き とか
フランスの人はみんなおしゃれ などなど

I took it for granted that everyone would love soccer in Brazil.        
I took it for granted that
everyone would be fashionable in France.

(wouldを入れるのでお忘れなく)        


文章によっては、~であることを当然のように思うということもできます。    

私がオーストラリアに留学中の話ですが、オーストラリアの内陸部に行ったことがあります。
オーストラリアって人が住んでいるのはほとんどが沿岸部で、内陸は本当に何もないんです。
1週間ほど、農場にボランティアに行っていたのですが、電気、水、都市ガスなどのインフラはなく、電気は自家発電、水は雨水でガスはプロパンガスでした。        
インターネットも光回線など夢のまた夢で、いまだにダイアル回線でつないでいるような環境でした。
当然、電車やバスなどもありませんし、コンビニなんてとんでもありません。

I took it for granted that there would be electricity, gas, and water supply in every house.

I took it for granted that
there would be a train station or a convenience store within walking distance.    


私が、一人暮らしを初めてしたとき、それまで実家で当たり前のように思っていたことを自分で全部しなければならなくなり、実家のありがたさを感じました。
実家にいた時、私は全く家事の手伝いをしませんでしたから、ごはんや掃除など一人暮らしでは苦労しました。

I took it for granted that
meals would be prepared and the house would be cleaned and vaccumed.


あと、"it"のかわりにいろいろな名詞を入れることで、
「~があるのを当然だと思う」なんていうこともできます。

よくドラマであるのは、
I took my girlfriend for granted and now she left.

ちょっぴり切ない失恋のシーンです


いかがでしたか?

いろんな例文を紹介しましたが、思い込みや当然だと思っていることを説明することって結構あると思います。

もちろん、このフレーズを使わずに、
"I just thought ~"で「~だと思っていた」ということもできます。

冒頭でも触れましたが、「~なものだと思っていた」「てっきり~だと思っていた」などのニュアンスを強く出したいときに活きてくる表現なので、ここぞというときに是非使ってくださいね。