みなさん、こんにちはHiToです!

今日は日本語にしにくい英語表現を紹介していきます。
(日本語にしにくいというよりも、英語のまま覚えてしまった方がわかりやすい表現です

みなさん、一週間を終えて本当はやっておいた方がいいけどやり残してしまったものありますか?

年の瀬になると、

クリスマスプレゼントを用意しておく
年賀状を書く

なんて用事が増えますよね。

本当はやっておいた方がいいけど、なんとなくやらず仕舞いで今週も終わっちゃった。
そんなあなたには、こんな表現がありますよ!


I have been too lazy to do that.

"lazy"は「怠ける」とか「だらしない」という意味です。
だらだらして、するべきことをまだしていない

そういうニュアンスを出すことができます。

先ほどの例では、

I have been too lazy to buy Christmas gifts.
I have been too lazy to write greeting cards.
(年賀状は英語圏の文化にはないので、"greeting cards"としておきました)


私はそろそろ髪の毛が伸びてきたのですが、
I have been too lazy to have my hair cut.
そろそろ床屋さんに行かないといけませんね。


さて話は変わりますが、先日
そのままという表現を扱いました。

leave it as it is
eat it plain
what you see is what you get


という表現を紹介しましたが、
仕事や勉強などをそのままにしている場合は、
今日の"I have been too lazy to do"を使ってくださいね。

年の瀬を迎えるとなんだか慌ただしくなりますね。
それでは、また!