こんにちは HiToです。

今日のトピックは
まじめです。

みなさんはまじめな性格ですか?
人の性格を表す表現は日常会話でもよく使うので、これからもトピックにたくさん出てくると思います!

「まじめな人」ってみなさんどうですか?
勤勉で誠実な人も「まじめ」ですし、堅物で付き合いにくい人も「まじめ」ですよね。

日本語がポジティブな印象もネガティブな印象もぜーんぶまとめて「まじめ」と表現しちゃいますが、英語は違います。


ポジティブな「まじめ」

ポジティブなまじめの場合は、上にも書きましたように勤勉で率直な人柄を指しますよね。
英語では一単語で、

 diligent
 hard-working


でいいでしょう。

これで「
よく働く」「よく勉強する」「毎日頑張っている」というようなニュアンスが全部言えちゃいます。
簡単ですね。


ネガティブな「まじめ」


ネガティブの場合はどうでしょうか?いつもムッとしたような顔をしている人で堅物という感じのニュアンスを出したいですよね。
一単語でいうと、

 serious
 square
 conservative


がいいでしょう。

serious
はカタカナそのままでシリアスな人ですよね。
squareは四角という意味ですが、なんとなく角ばっていて無愛想な人のことを
He is square.
といいます。

オーストラリアに留学中、大学の同級生がホームパーティを開いたのですが、そのとき

Be there or be square!

と言われたことがあります。

パーティにきてね(Be there)、来なかったらあなたはsquareよ(or be square)!
つまり「パーティには必ずきてね!ということですね。
仲のいい友達に対してちょっとおどけて使えるとカッコいいです。


あと、よく使う表現としては

 don't
joke around
 don't
get jokes

というのもあります。
冗談をあまり言わない。冗談が通じない。つまり生真面目ですね!

私、出身は関西なんです。偏見かもしれませんが、関西人の中には東京の人に対して

The stereotypes of Tokyo people are that they are a bit
conservative and don't get many jokes.

と言いたい人もいるんじゃないですか。

でももしかしたら、

The stereotypes of Osaka people are that they are always joking around even if some of the jokes are very silly.(そんなに面白いわけでもないのに、いつも冗談言ってふざけている)

のかもしれませんね(笑)