こんにちは、HiToです。

今回のテーマは「(私に)任せて」です。

何か頼まれごとをされたときに、「任せて、そんなのお安い御用さ」と言うときの表現を紹介します。


【1】No sweat.

「汗をかくほどのことではない」ので、「そんなの簡単だよ、私に任せて」という意味になります。


Can you do me a favour? Can you open this wine bottle?
ちょっといい?このワインボトル開けてくれる?

No sweat!
任せて!


【2】Consider it done.

直訳すると「(私に頼んでくれた事は)終わったも同然と思って」、つまり「私に頼めば簡単、お安い御用」となります。

Can you translate this Japanese into English?
この日本語を英語に訳してくれない?

Consider it done.
お安い御用!


【3】leave it to me.

これも「私に任せて」という意味になります。

You can just leave it to me. I can do it for you.
私に任せて。あとはやっておくよ。


3つとも意味は大きく変わりませんので、気に入った表現を使っていただくのがいいと思います。
最初の2つはスラングですので、ビジネスなどかしこまった状況では3つ目の表現が適切かもしれません。

「これ英語でなんて言うの?」
リクエストがあればお待ちしています!