Everyday Conversation 会話表現

「これ英語でなんて言うの?」 使えると英会話がちょっぴり楽しくなる表現を紹介していきます。

「気になる」を英語でいうと?

こんにちは、HiToです!

今回の表現は
「気になる」です。英語では何というのでしょうか?
今日は実用的な表現を2つ紹介します。

【1】bother

英和辞典を引くと、「〜を悩ませる」とありますが、そんなにネガティヴな意味はないみたいです。
私の大雑把な主観ですが、7〜8割の「気になる」は"bother"で対応できると思います。

This has been bothering me.
ずっと気になっているんだ。

Something bothers me.
何か気になるな。

嫌というわけではないけど、少し気になるといった時には"bother"がぴったりです。


【2】interested

『えっ、そんな基本的な単語⁉︎』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、"interested"で「興味がある」つまり「気になっている」と考えることもできます。

I have been interested in that restaurant.

あそこのレストラン、前からずっと気になっていたんだ。


単純すぎるかもしれませんが、ポジティブな意味合いの「気になる」は"interested"がぴったりです。


「英語でなんて言うの?」
リクエストがあれば、是非お待ちしています。
それではまた!

「評判」を英語でいうと?

こんにちは、HiToです!

今日は
「評判」に関する表現を紹介します。

英語ではなんというのでしょうか。


評判
は英語で"reputation"といいます。

「評判がいい(悪い)」
have a good (bad) reputation

「評判を上げる」
raise my reputation

「評判が下がる」
ruin my reputation

となります。

ちなみに
「○○の評判」"reputation with ○○"といいます。

みなさんは、新宿歌舞伎町にある「
ロボットレストラン」ってご存知ですか。
日本人にはあまり知られていないのですが、外国人観光客(特に初めて日本に来る人)にはものすごく人気のレストランなんです。レストランといっても、普通のレストランではなく、幕の内弁当を食べながら電飾でギラギラしたロボットが登場するショーを見るというものです。客の大半は外国人でメニューも英語で書いてあるので、日本の中にある小さな外国のようなところです。

(ちなみにロボットレストランのすぐ隣にサムライミュージアムといういかにも外国人が好みそうなお店があるのですが、そこも客の大半は外国人観光客だそうです。)

Robot restaurant has a good reputation with international tourists.
ロボットレストランは外国人観光客の間で評判がいい

と言えます。

「これ、英語でなんていうの?」リクエスト受付中です!
それでは、また!

「予定を合わせる」「予定を変更する」を英語でいうと?

こんにちは、HiToです。

今日の表現は「予定を合わせる」「予定を変更する」です。

どちらもよく使われる表現だと思いますので、まとめて紹介します。



【1】 予定を合わせる

fit in your schedule


「相手のスケジュールにフィットインする」ので、「予定を合わせる」という意味になります。

A: When is it convenient for you?
A: いつが都合いい?

B: Well, I'm basically free on weekends, so I can
fit in your schedule.
B: ええと、週末は大体空いてるから、そっちに
予定を合わせるよ


【2】 予定を変更する

reschedule



"reschedule"一言だけで、「予定を変更する」という意味になります。

Can I reschedule my appointment?
予約変更できますか?

Can I reschedule my booking for tomorrow?
明日に予約変更できますか?

("to tomorrow"ではなく"for tomorrow"なので注意です。)


どうですか?
友人・知人との待ち合わせ、病院やレストランの予約、旅行の手配などいろいろな場面で役に立つと思いますので、ぜひ使ってみてください。


ほかにも、「これ英語でなんて言うの?」というリクエストがあればぜひコメント欄に書いてください。お待ちしています。

「未定」「決まっていない」を英語でいうと?

こんにちは、HiToです。

今日の表現は、(予定などが)「未定」「決まっていない」です。

「旅行の予定、まだ決まってなくて。。。」
「詳しい日程はまだ決まってない。」
「将来何するかまだ決まっていない。」

「決める」"decide"の受身形で"It's not decided yet."ということもできますが、今日は便利な口語表現を二つ紹介します。



【1】 up in the air

文字通り、「宙に浮いた状態」つまり「(詳細は)まだ決まっていない」という意味になります。

It's still up in the air.
「まだ決まっていないんだ。」


My travel schedule is still up in the air.
「旅行の予定まだ決まっていないんだ。」

Exact date is up in the air right now.
「今のところ、詳しい日程は決まっていないんだ。」

My future plans are up in the air.
「将来何するかは未定なんだ。」


【2】 not set in stone

また、"up in the air"のほかに"not set in stone"を使うこともできます。
set in stoneとは「石に刻まれている」つまり「もう確定している」という意味になります。
「まだ確定していない」ですから"not set in stone"となります。

The schedule is not set in stone yet.
「詳しい日程はまだ決まっていないんだ。」

Nothing is set in stone yet, but ...
まだ何も決まっていないんだけど、」


どうですか。日常会話ではどちらもよく出てくる表現だと思いますので、ぜひ使ってみてください。

「これ英語でなんて言うの?」
リクエストがあればぜひコメント欄に書いてください!
それではまた!

get the better of me

こんにちは、HiToです。

今日は「英語らしい」表現を紹介します。
さっそくですが、

My curiosity got the better of me.

これどういう意味か分かりますか?


[感情] get the better of me.

「[感情]を抑えることができない」という意味になります。

ですので、最初の例文は、

My curiosity got the better of me.
好奇心を抑えることができなかった

となります。

[感情]のところには、ポジティブなものからネガティブな感情までいろいろ入ります。

My temper got the better of me.
怒りを抑えることができなかった

My excitement got the better of me.
興奮を抑えることができなかった


ちなみに「感情を抑えることができない」は"get the better of me"を使わなくても、

I couldn't control my emotions.

と言うこともできますが、今回の表現は頻繁に使われるので、ぜひ覚えてください


ちなみに少し応用ですが、

I let my emotions get the better of me.

というと、「感情の赴くままに任せた」という意味になります。
高度な表現ですが、使えるとカッコいいので是非マスターしてください。

ご意見などありましたら、是非コメント欄に書いてください。お待ちしています。
記事検索